【体験談】未婚で妊娠したことを親へ報告したシングルマザーの末路

未婚で妊娠報告

未婚で妊娠した場合、親に報告しづらいですよね…。

授かり婚の場合でさえ、親へ報告することにためらいを感じる方は多いでしょう。

私も親に妊娠を伝えた時は、未婚で出産してシングルマザーになることは猛反対されました。

とはいえ、子供が産まれてきてからは、私の親は激変し、孫の誕生を心から喜んでくれて可愛がってくれています。

  • 両親に未婚で妊娠したことを伝えるのが怖い。
  • 未婚で出産するなんて、親に絶対に反対されそうだから言いたくない。
  • 未婚で出産したら絶縁されそう。

などという心配をお持ちの方は、私の経験談をお伝えしていいくのでこの記事を読んでみてください。

目次

未婚で妊娠したことを親に報告した結果

未婚で妊娠したことを自分の親に伝えるのは、勇気がいることですよね。

私の場合は親に相談に乗って欲しかったので、妊娠発覚後すぐに親へ報告をしましたが、産むことには反対されました。

とはいえ「馬鹿野郎!!」「いい歳してなにしてるんだ!!」みたいに責められるようなことは言われませんでした。

私の親は、私を責めることよりも逃げた男への怒りを爆発させていました。

父からは「今回は残念だけど…みーこのこれからの人生を考えるなら、中絶した方が良いと思う。」と言われました。

私の意思が変わり「未婚シングルマザーになるけど、子供を産みたい!」と伝えてからは、父にその決意が伝わったのか、私のことを支えてくれるようになりました。

未婚で妊娠したことを親に報告するタイミング

未婚で妊娠したことを親に報告するタイミングは、人によって変わるでしょう。

未婚で出産することに迷っている状態なら、妊娠発覚後すぐに親に相談に乗ってもらいましょう。

私はとにかく親に相談したかったので、妊娠発覚直後に伝えました。
そうすることでかなり心が軽くなりました。

逆に未婚で出産する覚悟は出来たけど、親には反対されそうだったり、精神的苦痛になりそうなら安定期に入ってからが好ましいです。

なぜなら、妊娠初期はママも赤ちゃんも不安定な時期なので、ストレスになるとわかっていることは避けた方が良いでしょう。

産むことを決意したのなら、その時期はあえて波風立てないことも大切なのではないでしょうか。

自己責任で生きている大人ならば、多少タイミングをみて伝えていいと思います。
しかし、未成年で妊娠した場合はすぐに親に報告しましょう。

未婚シングルマザーになることを反対されたらどうする?

未婚で出産し、シングルマザーとして生きて行くことを反対してくる親は、実際にいます。

子の父親も親としての責任を取ってくれず、自分の親にまで出産を反対されると、子供の存在を否定されているようでとにかく辛いですよね。

私も親に否定的な言葉をかけられた時は、自分自身が辛いというよりも、赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちになりました。

これからお伝えする親に反対された時の対処法で、実際に出来そうなもがあれば是非試してみてください。

親との距離を置く

未婚シングルマザーになる決意が出来たのに、親が反対してくる場合は親との距離を置きましょう。

あなたのメンタルにとって良くない連絡は、全て無視で良いです!

私の経験談ですが、将来の不安を煽ってくるような言葉をかけられると、産むと決意したはずなのに自信がなくなることがありました。

未婚シングルマザーになるというのは、様々な不安と心配がつきまとうので、出来るだけそういった環境に身を置かないことも大切。

自分の覚悟をつらぬける精神状態を保てるように、配慮していくことも大切なことなのです。

赤ちゃんの日々の成長を伝える

妊婦検診に行ったこと、赤ちゃんがお腹の中で動いたこと、あなたが嬉しく感じたことはどんどん親に伝えましょう。

あなたが幸せで嬉しい日々を過ごしているのなら、親も納得するしかなくなります。

私はエコー写真を毎回LINEで送り付けてました!

親が反対するのは、世間体などもあるかもしれませんが、あなたの幸せを一番に思っているからです。

ですから未婚で妊娠したとしても、あなたが幸せでいることを伝えていくことで、親はあなたの覚悟に反対出来ない状況になります。

親を安心させる

先ほどのように、赤ちゃんの報告をしていくのも解決策ですが、出産後あなたがどのように生活してくかも伝えていきましょう。

生活費のこと、養育費のこと、自分の仕事のこと、保育園のことなど…親が気になる要素は沢山あります。

恐らく親が一番心配しているのは、シングルマザーとしての生活が成り立っていくのかどうかということです。

私の場合、毎月養育費を受け取れるようになってから、親はかなり安心してくれてましたね。

養育費請求調停に関しては、下記の記事に詳しく書いているので参考にして下さい。

【まとめ】未婚で妊娠しても子供が産まれたら親が変わる可能性大

未婚で子供を出産することに親が反対していたとしても、実際に子供が産まれると親の考えが変わるケースはよくある話。

全ての親が前向きに変わってくれるとは限りませんが、ほとんどの親は産まれてきた子供を孫として可愛がってくれるようになります。

私の未婚シンママ友達も、子供が産まれてから親が変わったと言ってました!
子供を産んでから親子関係が悪化したという話はきいたことがないです。

最後にアドバイスですが、自分の親に未婚で妊娠したことを伝えたくなくても、伝えなければいけない日は必ず来ます。

親になったからこそわかりますが、自分が子供に信頼されていないと感じたり、大切なことを内緒にされるのは辛いことです。

未婚で妊娠した場合でも自分の親には早めに報告しましょう

赤ちゃんには、たくさんの人を幸せにする力がありますよ♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚のアラサーシングルマザー|ブロガー・ライター。
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや妊婦さん、子育て中のママさんたちへの情報を中心に発信しています♪

コメント

コメントする

目次
閉じる