1歳から保育園に入れて後悔していること|シングルマザーのリアルな声

保育士さん
  • URLをコピーしました!
  • 「子どもを1歳のうちから保育園に入れるなんてかわいそう」
  • 「3歳までは親が育児をしてあげるべき」
  • 「子育てよりも仕事を優先する必要があるの?」

など、様々な意見が聞こえてくることもありますよね。

シングルマザーの場合は、仕事をしてお金を稼ぐ必要があるため、子どもを1歳どころか0歳児のうちから保育園に預けている方は非常に多いようです。

https://twitter.com/mi_ko_single/status/1488897444863963138

私は子どもが1歳になった年から保育園に預けています。
しかし、子どもを保育園に預ける前は非常に悩みましたし、預けてから1ヶ月くらいは心苦しい日々が続きました。

1歳から保育園に入れて、半年ほどは後悔した日もありましたが、子どもが園に慣れて楽しそうにしている姿を見た瞬間、後悔はなくなりました。

現在保育園に入れるかどうか悩んでいたり、苦しい気持ちになっているママさんは、シングルマザーに限らずこの記事を読み進めてください。

目次

1歳から保育園を利用して後悔していること

泣いている子どもを抱きしめる母

保育園に預け始めた頃に「1歳から保育園を利用して後悔した……。」と思った点は下記になります。

  • 子どもがギャン泣きする
  • 同世代の子どもがいつもママと一緒にいるのを目にしたとき
  • 子どもが新しくできるようになったことを1番にみれないこともある
  • 風邪をうつされて苦しそうな姿をみたとき

子どもがギャン泣きする

保育園に預け始めて1週間~1か月間は、園の玄関先でギャン泣きしてしまう子がほとんどでしょう。

我が子は1ヶ月以上もの間、ギャン泣きする日が続きました。

子どもに泣かれると、親は非常に辛くなります。

シングルマザーの場合は特に、自分で働かないと生活がなり立たないため、「父さんがいたら、私は育児に専念できたかもしれないのに……」と思ってしまうこともあるでしょう。

同世代の子がいつもママと一緒にいる

同年代の子がいつもママと一緒にいる姿を目にしたときなども、「本当は保育園に1歳から預けたくないのに……」と後悔してしまうこともあるでしょう。

仕事よりも育児に専念したいと思っていた方こそ、こういった瞬間は後悔しがちになります。

子どもの成長を1番にみてあげられないこともある

保育園に預けると、子どもの成長を1番にみてあげられないことが多くなってきます。

たとえば1歳児ですと、「服を自分で脱げるようになった!」「トイレと言えるようになった!」「新しい言葉を話し始めた!」などでしょう。

保育園に預けるまでは、全ての成長を誰よりも先に感じることができていました。ですから、保育士さんから子どもの成長報告を受けるたびに少し寂しい気持ちになることもありました。

風邪をうつされて苦しそうな姿をみたとき

保育園に通うと、風邪やウイルスは確実にうつされます。

とはいえ、小さいうちから子どもが熱を出して苦しそうにしている姿をみるには非常に辛いです。

始めのうちは「保育園の子たちにうつされてかわいそう…。」なんて気持ちにもなりましたが、風邪をひいて子どもは免疫がついていきます。

強い身体へ成長するには必要不可欠なことなので、遅かれ早かれいつかは通る道なので親は見守るしかないと思うようになりました。

1歳から保育園に入れて良かった瞬間ベスト10

保育園の子どもたち

私の場合、子どもを保育園に預けて半年ほど経過してからは「保育園に通わせて良かった!」と思うことが増えました。

  1. 子どもがイキイキしてきた
  2. 友達がたくさんできた
  3. 夏祭りや運動会など家では出来ない行事がある
  4. 言葉をたくさん話すようになった
  5. ママが教えたことがないことでも保育園からしっかり吸収している
  6. 工作物を持ち帰ってきたとき
  7. 夜中まとめて寝てくれるようになった
  8. トイレでおしっこが出来るようになった
  9. 毎日美味しい給食を食べて好き嫌いがなくなった
  10. ママが余裕のある生活を送れるようになった

保育園にはマイナスなイメージをいだいていた私ですが、子どもが慣れてからはたくさんのメリットを感じられるようになりました。

1.子どもがイキイキしてきた

保育園に預けて1ヶ月程、我が子は悲しそうな顔をしたり泣いていましたが、お友達や先生に慣れてくると表情がイキイキしてきました。

保育園に預ける前よりも笑顔が増え、自己表現もしっかりできるようになりました。

保育園に通って10ヶ月ほど経過したあたりからは、嫌がることもなくニコニコして通ってくれるようになりました。

2.友達がたくさんできた

保育園のお友達と遊ぶ姿

保育園に通い始めたことで、男女関係なくクラスの子やお兄さんお姉さんの友達が出来ました。

2歳になる前には、園のお友達の名前もしっかり言えるようになりました。

「保育園でなにしたの?」と聞くと「○○君、ブーブー!」と友達と遊んだ内容まで報告してくれるようになった時は感激しましたね。

そして異性のお友達と遊ぶことで幅広い遊びに興味を示すようになったり、保育園に通ったことで子どもの視野は確実に広がったと感じています。

1歳児クラスだと、上のクラスの子たちが可愛がってくれたりお世話をしてくれますし、保育園が終わってからもお兄ちゃんやおねえちゃんが外で一緒に遊んでくれることもあります。

大人以外の人と関わっていく経験を小さいうちからさせてあげられたのは良かったですし、母子共に孤独な生活から抜け出すことができたと感じています。

3.夏祭りや運動会などの行事がある

保育園の行事で夏祭りや運動会などが行われたので、子供に貴重な経験をさせてあげられることが出来ました。

コロナ禍の影響で近所の夏祭りイベントは無くなってしまったり、人が集まる場所へなかなかいけなかったのでこのような行事は非常にありがたかったです。

自粛続きで子供を外に連れて行けない時期もたくさんありましたが、保育園に通わせていたことで子供のストレスも軽減されていたのではないかと思うようにもなりました。

4.言葉をたくさん話すようになった

保育園に通わせてから、言葉をたくさん話せるようになりました。

言葉だけではなく、歌もよく歌ってきかせてくれます♪

保育士さんも「子供同士でコミュニケーションを取った方が言葉を覚えるのは早いです。」とおっしゃっていましたが、親も驚くほどのスピードで成長しています。

1歳児クラスといえど、4月生まれの子は大人と普通に会話をしている子もいる状況なので、同じクラスの早生まれの子からどんどん言葉を吸収しているようです。

そして、私が教えたことのない言葉も歌もどんどん覚えてくるので、保育園ではたくさんの良い刺激を貰っていることがよくわかります。

5.保育園で学んだことをしっかり吸収してくる

先ほどお伝えしたように、言葉や歌以外にも保育園で吸収してくることはたくさんあります。

たとえば、保育園のお散歩ででかけた場所や道を覚えてくるのです。

私と行ったことがない場所でも、私の手をひっぱってその公園まで案内してくれたことがあります。本当にびっくりしましたね。

年齢が上がるにつれて、吸収してくる内容がどんどん増えていきました。

6.工作を持ち帰ってくる

子どもがつくった工作

保育園では、雨でお散歩や公園に行けない日や、四季折々のイベントの際などにみんなで工作をしているようです。

出来上がった作品は家に持って帰ってきてくれますし、家にあるもので作れる工作ばかりなので、雨の日子供と遊ぶ選択肢が広がって勉強になることも多いです。

自慢げに自分の作った工作をみせてくれる姿は本当にかわいいです。
子どもの作品を部屋に飾る楽しみも増えました。

7.夜中まとめて寝てくれるようになった

保育園では身体を動かすので、疲れて夜中まとめて寝てくれるようになりました。

生活リズムも整い、早寝早起きの生活になったので1人で育てている私としては非常に助かっています。

産後はなかなか寝る時間も取れず、身体への不調もありましたが、子供を保育園に通わせてからはだいぶ身体も心も余裕が出て来たと感じています。

8.トイレでおしっこができるようになった

保育士さんが「今日おトイレでおしっこが出来るようになりましたよ!」と報告をしてくれたことがありました。

家ではまだトイレで出来たことがなかったのでとても嬉しい反面、一番に子供の成長をみてあげられなかったので残念に思た記憶があります。

とはいえ、家では出来ないことでも保育園に通っているお陰で出来るようになることもあるのは、やはり回りの環境やお友達との付き合いがあるからなのかなと感じました。

9.給食を食べるようになって好き嫌いがなくなった

我が子を通わせている保育園は、給食に力を入れている園なので毎日とても豪華な給食を食べているようです。

栄養士さんが献立を考えるので、バランスの良い食事を子供に食べさせることが出来る面では非常にありがたいです。

シングルマザーとして子どもを育てていると、忙しかったり疲れているとどうしても食事は簡単なものになってしまうことがあります。

そして、比較的安い材料でお料理をしていたので、子どもに作ってあげるのはいつも似たようなレシピばかり。

ですから子供が嫌いで食べてくれないものはなるべく作りませんでしたが、保育園で給食を食べるようになってからは好き嫌いなくご飯を食べてくれるようになりました。

10.ママが余裕のある生活を送れるようになった

保育園に通わせている日は仕事をしているから忙しいと思いきや、メンタル面では楽になった部分も多いと感じています。

子どもから離れて自分だけの時間を過ごすと気分転換にもなりますね。

四六時中子供と一緒ですと、ストレスを感じることもありますし、自分に余裕がない時はちょっとしたことでイライラしてしまうことがあります。

ですが保育園に通わせることで、仕事に加えて家事に時間を割けるようになったため、生活に余裕ができました。

もちろん「寂しいな…早く会いたいな。」と思う瞬間もあります。

だからこそ、子どもと一緒にいられる時間にしっかり向き合って過ごせるようになりました。

子どもと過ごす時間は、「長さではなく質が重要」だと思うようになりましたね。

一歳から保育園にいれても愛情不足になるとは限らない

子どもを高い高いするママ

子どもを小さいうちから保育園に預けると、ほとんどの方は後悔したり寂しい気持ちになってしまうかもしれません。

本当なら一緒にいてあげたいし、保育園に預けたら愛情不足で子どもに悪影響がでないか心配……。

と思ってしまうママさんも少なくないでしょう。

ですが、保育園を利用するとママ以外の大人から愛情を与えてもらうことができます。

特にシングルマザーは、子どもと2人の生活ですから、子どもがママ以外の大人に愛されるという経験は重要になってくると感じています。

子どもが小さいうちから、自分の世界を広げ、たくさんの人たちと触れ合って子ども自身の人との繋がりを広げていくことはとても貴重な経験になるのではないでしょうか。

シングルマザーは1人で子育てするわけですから、大変なことも多いため、保育園との繋がりがあるだけで心強い点もメリットに感じています。

子どもが小さいうちから保育園を利用し、生活を整えていく選択も視野にいれていくと良いでしょう。

人気の保育園はシングルマザーであっても入りにくいこともあるので、早めの保活がおすすめです!

保育士さん

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる