【未婚で妊娠・出産】父親に認知をしてもらうメリット・デメリット

未婚で子供を妊娠・出産した場合、父親に認知をしてもらうか悩む女性は多いようです。

  • 認知をしてもらうことでメリットはあるのか?
  • 認知をしてもらうことで子供に不都合がないか?
  • 養育費を期待できないのに認知は必要なのか?
  • 認知を拒まれているので認知を諦めた方がいいのか悩んでいる

などの悩みが挙げられるでしょう。

私は未婚で子供を出産したシングルマザーですが、子供の父親には認知をしてもらいました。

もちろん、認知に関しては非常に悩みましたが、認知してもらうデメリットが見当たらない場合は認知をしてもらった方が良いというのが今の私の意見です。

今回の記事では、父親に認知をしてもらうか悩んでいるシングルマザーの皆さんに向けて、認知してもらうメリット・デメリットを書きました。

まだ産む決断が出来ていない方は、まずは下記の記事から読んでみるとお悩みが解決されるかもしれません。

目次

未婚で妊娠した際に取るべき5つの行動

未婚で妊娠した場合、これからどうしていけば良いのか頭の中がパニックになる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は下記のことをまず考えながら行動していきましょう。

  1. 子供を産むか、中絶するかを決断する
  2. 胎児認知をしてもらうか考える
  3. 生活費の確保
  4. 精神的ストレスを溜めない生活を心がける
  5. 子供と生活していく環境を整える

私の経験をもとに詳しく説明していきます。

子供を産む・産まないの決断

未婚で妊娠した場合、そして自分の家族にサポートを受けられないような環境ですと、産むことが怖くて不安になってしまう方は多いでしょう。

実際に私も、自分の家族には頼れない状況だったので、産む決断を出来ずに産婦人科で中絶の予約までした事実があります。

人間は、絶望的な状況になると正常な判断が出来なくなりますし、自分の気持ちとも向き合えなくなってしまいます。

ですから冷静になり、『自分はどうしたいのか』ということにしっかり向き合っていく必要があるのです。

未婚で妊娠した場合ですと、なかなか相談しずらい内容かと思いますので、相談相手がいない場合は私に相談して下さい。

あなたが悩んでいることに関して私が答えを出すことはしませんが、お悩みをききながらあなたの本心を一緒に探るお手伝いならば出来ます。

胎児認知をしてもらうか考える

未婚で妊娠した場合、子の父親である男性に認知をしてもらうかを考えなければなりません。

認知には、通常の『認知』と『胎児認知』の2種類があります。

胎児認知とは、ママのお腹の中にいる胎児の段階で、子の父親に親子関係を認めてもらうこと

父は胎児も認知することができ、この場合においては母の承諾を得なければならない(民法783条第1項)。誤った認知を防止するとともに、母の名誉・利害を考慮した規定である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

胎児認知をしてもらうメリットは、妊娠中の心配事が減り、出産してからスムーズに養育費の請求をすることが出来ることです。

ですが、胎児認知は拒否される可能性もあるのでよく考えましょう。

私は実際に胎児認知を拒否されましたが、その時のことは下記の記事に詳しく書いていますので必要があれば読んで下さい。

生活費の確保

生活費の確保

妊娠後期は体調も優れなくなり、働くことが出来なくなる時期がやってきます。

産後は赤ちゃんに付きっきりの生活になりますが、シングルマザーの場合は代わりにお金を稼いでくれる人がいません。

ですから、妊娠中は無理のない範囲で働きお金を節約していきましょう。

住んでいる地域にもよりますが、子供が産まれてからでも月に10万円~15万円ほどのお金があれば生活はしていけます。

多ければ多いほど良いですが、最低でも150万~200万ほどのお金を貯めておくと、働けない時期があってもなんとかなるので安心です

在宅ワークならば出勤する必要もなく、自分の都合で働くことが出来るので、妊娠中でも身体に負担がかからないのでおすすめです。

ちなみに、Craudia(クラウディア)というクラウドソーシングサイトでは、簡単なアンケートに答えるだけで報酬を貰える案件もあります。

私も実際に登録していますが、好きな時に好きな案件を選んでお仕事を出来るので非常に助かっています。

Craudia(クラウディア):https://www.craudia.com

ストレスを溜めない生活をする

未婚で出産するとなると、ストレスや不安に襲われてしまう時期は多いでしょう。

ですが、赤ちゃんもあなたのお腹の中で頑張って成長しています。

どうか赤ちゃんのことを考えて、ストレスを溜めないことを意識していきましょう。

私はストレスが溜まって来た時は、カウンセリングに通ったり、アロママッサージに行ってました。

お金はかかってしまいますが、精神的に落ち込んだ生活を続けていると妊娠中はとにかくしんどいので気分転換は大切です。

子供を育てられる環境を整える

子供を育てられる環境を整える

産後は子育てで忙しくなり、驚くほど他のことに時間を割けなくなってしまいます。

妊娠後期(28週〜39週頃)は、身体を思うように動かせなかったり、お腹をぶつけたりしたら大変なので早いうちから赤ちゃんが産まれても良いように環境を整えましょう。

可能ならば産後数ヶ月だけでも良いので、ご自分のご家族と一緒に暮らすことが出来れば一番良いとは思います。

しかし、両親や親族と暮らすのが難しい方は、お住いの市区町村のひとり親相談窓口などで状況を伝えましょう。

子供が産まれてからも、市区町村の窓口でお世話になる機会は増えるので、早いうちに相談しておくと信頼関係も築けますし必要なアドバイスをもらうことが出来ますよ。

未婚で出産した際に取るべき3つの行動

未婚で妊娠して心細い妊娠生活を送っていたとしても、子供が産まれてからのあなたは1人ではありません。

あなたの元にやって来てくれた、可愛くて小さな命と一緒に生きて行くのです。

そんな小さな命を守るために、あなたが取るべき5つの行動をご説明していきます。

  • 認知をしてもらう
  • 養育費を請求する
  • 保活・仕事探しをする

1人で無理をしすぎると育児ノイローゼや産後鬱になりかねないので、産後はなるべく育児以外のストレスを抱えないように、育児に専念するのがいいでしょう。

認知をしてもらう

胎児認知をしてもらわなかった方で、認知を希望している場合は、子の父親である男性に家庭裁判所を通して認知をしてもらいましょう。

胎児認知は拒否することが出来ても、子供が産まれてからの認知は拒否される心配はありません。

もし拒否されても、DNA鑑定をして科学的に証明させることができます。

DNA鑑定が必要な場合は、家庭裁判所が指示する会社を通じてDNA鑑定をし、家庭裁判所の指示通りに動きましょう。

弁護士に依頼せずに認知調停を申し立てる場合、下記の金額が必要になります。

・収入印紙:1,200円分
・連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ要確認。)
合計金額:2,000円くらい

DNA鑑定が必要になった場合は、上記の金額に追加して5万円ほどかかり、基本的には申し立てた側が費用を全額支払います。

場合によっては、相手が負担してくれたり折半してくれるケースもあるのでまずは交渉してみましょう。

裁判所では〈認知調停を申し立てる方へ〉というPDFで詳しい手続き方法を説明してくれているので、参考にしてください。

養育費の請求

認知が終わったら養育請求調停に移りましょう。

家庭裁判所に申し立てる必要があるので、弁護士が必要だと思っている方も多いようですが、弁護士に依頼しなくても調停の申し立ては出来ます。

・収入印紙1200円分(子ども1人につき)
・連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ要確認。)
合計金額:2,000円~4,000円くらい

とはいえ、新生児を育てながら養育費請求調停に必要な書類を用意したり、調停に出向くのは現実的に厳しいです。

ご家族が協力してくれるのならば、弁護士に依頼せず、調停を申し立てることは可能かもしれませんが、そうでもない限りは現実的に厳しいでしょう。

他にも、認知や養育費からも逃げて、話し合いで解決できそうもない相手ならば弁護士さんは必須です。

お金がかかってでも、状況によっては弁護士さんに依頼した方が良いケースもあります。

1人で申し立てる場合は、調停がスムーズに進まないことも覚悟した上で申し立てた方がいいでしょう。

保活・仕事探し

ある程度育児が落ち着いてきたら、子供を保育園にいれて仕事を探すことも考えていきましょう。

しかし注意点として、都心部の保育園は待機児童も多いので妊娠中から保育園に関して調べておく必要があります

保育園の入園に関しては住んでいる地域によって大きく異なるので、まずはお住いの市区町村窓口の保育課へご相談すると良いでしょう。

私の場合、0歳児の間は自分で育児をしていきたかったので、1歳児クラスから入園させるための保活をしていました。

シングルマザーの場合、保育園に入園させるための優先順位は高いです。

しかし、都心部に近いほど「保育園に入れられなかった。」という声も聞きますので賢く保活をしていきましょう。

下記の記事は、実際に我が子を第一希望の保育園に入園させることが出来た記事なので参考にして下さい。

父親に認知をしてもらう3つのメリット

父緒に認知をしてもらうメリット・デメリット

父親に認知してもらうメリットとデメリットは、人によって異なります。

あなたの状況や、あなたがどうしていきたいのかを重視した上でよく考えていきましょう。

私が実際に認知をしてもらって感じているメリットは下記になります。

  1. 養育費の請求が出来る
  2. 父親の相続権が認められる
  3. 子供の父親が明確になる

養育費の請求が出来る

認知をしてもらう最大のメリットは、養育費の請求が出来ることだと感じています。

養育費が毎月入ってくるようになると、経済的にも精神的にも安定するのでメリットは非常に大きいです。

日本では養育費の未払いが多いという問題がありますが、近年では法改正もされて厳しくなりつつあります。

このことから、父親が無職ではない限り法的に取り決めをして養育費の請求をしたならば支払われる可能性が高いでしょう。

父親の相続権が認められる。

子供と父親が法的に親子関係が認められることによって、父親が死亡した場合子供に相続権が発生します。

子供を育てていく上で、お金は絶対に必要なものです。

こちらも養育費と同様、受け取れるなら受け取った方が、経済的にも精神的にも楽になるでしょう。

子供の父親が明確になる。

父親に認知をしてもらうと子供の戸籍には父親の名前が反映され、父親の戸籍にも子供の名前が反映されます。

子供が将来父親のことを知りたくなった時に、認知をしてもらっていると父親に辿り着くのがスムーズです。

私は子供が自ら父親に会いたいと言ったら会わせてあげたいと思っているので、認知をしてもらいお互いの戸籍に反映させるのはメリットだと感じました。

こちらは人によってはデメリットになり得ることもあるのであなたがどう考えているかを考慮していく必要があります。

父親に認知をしてもらう3つのデメリット

認知をしてもらうデメリットは、主に下記のことが考えられるでしょう。

  1. 遺産相続トラブルに巻き込まれる可能性がある
  2. 多額の借金があったり、犯罪者の場合は危険
  3. 不倫の末に出産をし、父親に認知をしてもらった場合は父親の家族に不倫がばれる

遺産相続トラブルに巻き込まれる可能性がある

父親に配偶者や子供がいる場合、遺産分割協議というものをしなければなりません。

その際に、遺産相続トラブルになる可能性が高くなるリスクが非常に高いです。

多額の借金があったり、犯罪者の場合は危険

認知によって親子関係が成立すると、扶養義務というものが発生します。

父親が借金している場合や、父親の介護が必要になった時に子供に頼ってくる可能性があります。

とはいえ、相続放棄をすれば借金(負債)の支払い義務は無くなりますし、現実的には頼ってくるケースは少ないでしょう。

父親が犯罪者の場合、父親が認知をすると父子関係が明らかになるので、社会的に不利になるケースがあります。

不倫がばれる

子供の父親とは不倫関係にあった場合、父親が子供を認知することによって父親の戸籍にあなたの子供の名前が反映されます。

父親が子供の存在を家族に隠そうとしても、なんらかのタイミングで父親のご家族が戸籍を目にすることがあれば、不倫関係にあったことがバレます。

他にも父親が亡くなった場合、認知をしてもらっていることで相続の際にあなたの子供の存在が父親の家族にバレてしまうでしょう。

不倫をして子供を産んだ場合は、不貞行為をして出産したという事実になりますから、父親の奥さんから慰謝料請求される可能性が非常に高いです。

未婚で妊娠・出産したら認知はしてもらおう

未婚で妊娠・出産したら認知はしてもらおう

未婚で妊娠して出産する場合、子供の父親は責任を取らずに逃げられるケースも多いので、関わりたくもないと認知を拒むシングルマザーさんもいるようです。

私も実際に、子の父親とは縁を切りたかったので認知してもらわないことも考えました。

しかし、結果的には毎月の養育費もいただけるようになったので、認知をしてもらったメリットは非常に大きいと感じています。

シングルマザーの場合、養育費を受け取れるか受け取れないでその後の生活は大きく変わりますし、養育費を貰えることで経済的にも精神的にも余裕が出来ます。

もしも子供の父親である男性がお金持ちだったり、公務員や高給取りで確実な収入がある相手ならば、認知をしてもらい養育費を受け取った方が良いでしょう。

養育費は、基本的には子供が20歳になるまで受け取ることが出来る子供の権利なのです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚で子供を出産したアラサーシングルマザー
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや未婚で妊娠中の妊婦さんへ向けて発信を続けています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる