【スマホ育児】は危険?依存症になる?子供に悪影響を与えない対策とは?

依存

スマホ育児にはメリットもデメリットもありますが、私のまわりのママさんたちは、「スマホ育児をしている」という方が多いです。

  • スマホに頼ってしまって罪悪感を感じている
  • 子供がスマホ依存症にならないか不安
  • 子供の視力が低下しないか心配

私は出産するまでは、「なるべくスマホを子供に持たせない育児をしたい」と思っていました。

しかし実際に子供が産まれ、1人で育児をするようになってから考え方が変わりました。(変わらざるを得ない状況でした。)

なぜなら、完全にワンオペだと、どうしても対応出来ない瞬間って多々あるんですよね。

抱っこしても泣き止まなかったり、抱っこを嫌がる時などは、家事も出来ずにママの疲労が溜まってしまったり、ストレスにもなってしまいます。

そこで、どうしようもなくなった私は、我が子が1歳を過ぎてからスマホでYouTubeをみせたりするようになっていきました。

その結果感じているメリットとデメリットをお伝えしていきます。

目次

スマホ育児とは?

スマートホンやタブレット型端末を育児に利用すること。知育やしつけ用のアプリを親子で利用することのほか、子供に端末を持たせて好きなように遊ばせておくことや、親がスマートホンを操作しながら子守りをする状態などを指すこともある。
スマホ子守り。スマホ子育て。
[補説]長時間の使用や過度の接触により、親子の直接的なコミュニケーションが減少するという指摘がある。

コトバンク~デジタル大辞泉の解説より

現在の子育てスタイル(ワンオペ育児など)では、スマホ育児に助けられる反面、上記の説明のように「親子の直接的なコミュニケーションが減少する」という問題があります。

しかし、実際に私がスマホ育児を生活の中に取り入れて思うことは、目的を持って子供に与えることさえ出来ていれば、親子のコミュニケーションに問題はないと感じています。

スマホ育児の危険性

スマホでYouTubeをみせるようになって感じていることは、スマホ(YouTube)への依存度が高くなるということです。

子供にとっては麻薬のようなものではないかと思います。

スマホがないと静かにしてくれなかったり、暴れられても困るので、最低限みせないように注意はしています。

我が子は瞬きするのも忘れて夢中になるくらい、YouTubeが大好きです。

スマホ育児のメリット・デメリット

スマホ育児をすすめたいわけではありませんが、正直なところメリットはかなり大きいです。

特にワンオペ育児をしている方は、スマホのありがたみを感じているのではないでしょうか。

メリットとデメリットについても詳しくお伝えしていきます。

メリット

洗濯物

私が感じているスマホ育児のメリットとしては、下記のものです。

  • 家事がはかどる
  • 自分の時間が出来る(少し休息を取れる)
  • 子供が喜んだり、楽しそうにみている

まわりのママさんたちのメリットとして耳にしたものは、下記になります。

  • 公共交通機関や、外食中など、騒いでほしくない時にみせると静かになる
  • YouTubeで英語の歌などを聴かせることによって、耳が英語に慣れる

ちなみに、我が子は公共の場で騒がないので、外出先でスマホを与えたことはないです。

逆に家では必要ないけど、外出先での必要性を感じているママさんがいたので、スマホを子供に与えるメリットは人それぞれのようです。

デメリット

私が感じているデメリットは、下記になります。

  • 夢中になりすぎると、画面に近づきすぎるので視力低下が心配
  • スマホを触りたいと駄々をこねるようにならないか心配
  • ママと遊ぶよりも、スマホに夢中にならないか心配

結論としては、現時点でのデメリットはまだない状態なのですが、これから先を考えるとたまに不安になることはあります。

子供に悪影響を与えない為の対策

スマホを子供に与えることで、親にとってはメリットもデメリットもありますが、何よりも子供へ悪影響を与えないように心がけています。

下記のことは、私が子供にスマホを与える際に常に意識していることです。

  1. 時間を決めて与え、長時間はみせない
  2. 子供の手の届く場所には絶対に置かない
  3. スマホを触らせない日もつくる

私はこの3つのことをしっかり意識しているからか、我が子はスマホ依存にもなっていないですし、「スマホをみせて!」と騒いだりもしません。

子供が1人でスマホに夢中になっていたとしても、定期的に声をかけてることを忘れずにしています。

YouTubeをみてたとしても、私が「一緒に遊ぼう!」と声をかけたり、おもちゃを持って行くとYouTubeよりも私との時間を選んでくれるので、その瞬間は嬉しいですね。

ママと遊ぶよりも、スマホやYouTubeで遊んでた方が楽しいだなんて思われたくないですからね…。

【まとめ】スマホ育児は賢く生活に取り入れよう

私は今回の記事を通して、スマホ育児を推奨しているわけではございません

ワンオペ育児だったり、どうしても子供の相手をしてあげられない時には、生活の中に賢く取り入れていくことはありだと思っているのです。

スマホ育児には反対の方もいるでしょうし、年代の違うママさんパパさんには理解できないことかもしれません。

もしも一緒に子育てをしてくれたり、サポートしてくれる人と一緒に暮らしているのなら、スマホに頼る必要性はないと言えるでしょう。

しかし、現在の育児の傾向としては、共働き夫婦でさえワンオペ育児しているという話も耳にするくらいです。

スマホに関しては、電磁波の問題もあります。

そういった問題点も気になるようならば、専門家の先生に相談しながら生活の中に取り入れて下さい。

公益財団法人日本小児科医会のHPでは、子どもとスマホに関しての問題などにも触れているので、参考にすると良いですね。

子供とのコミュニケーションをとることや、外に遊びに行くことも大切なので、バランスよく取り入れていきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚のアラサーシングルマザー|ブロガー・ライター。
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや妊婦さん、子育て中のママさんたちへの情報を中心に発信しています♪

コメント

コメントする

目次
閉じる