【体験談】未婚出産は後悔だらけ?未婚で妊娠、出産した私のリアル

未婚で出産

未婚で子供を出産し、現在は1人で子育てをしているみーこ(@mi_ko_single)です。

  • 未婚の状態で妊娠したけど、子供を産むか悩んでいる。
  • 未婚で出産をしたいけど、お金がないからどうしようか悩んでいる。
  • 未婚の母になったら世間の目は気になる?
  • 未婚で子供を産んで後悔した?正直な気持ちを教えて欲しい。

など、未婚で妊娠して悩んでいる方へ、私のリアルな経験をもとに記事を書きました。

結論からいうと、私は未婚で子供を出産したことを後悔してません。

今だから言えることかもしれませんが、子供を産まない選択や、自分で育てない選択をしていた方が後悔していたことでしょう。

妊娠した時はとにかく不安で怖くて悩んでばかりだったのですが、子供を出産してからの生活は楽しいですし、毎日が充実しています。

我が子はとにかく可愛くて、人生で一番幸せな時間を過ごしています♪

目次

未婚出産で後悔しないためにするべき3つのこと

未婚で出産して後悔しないためにも、子の父親である男性との関係はしっかり清算しましょう。

特に認知、養育費に関しては、ハッキリさせると後から後悔しなくて済みます。

子供の父親である相手と関わりたくない方も多いでしょう。
しかし、あなた自身が後悔せずに歩んで行くためには、避けて通れない問題です。

認知をしてもらう

未婚で出産する場合、子の父親である男性に認知してもらうかどうかは、とても重要な問題になります。

認知(にんち)とは、法概念としては嫡出でない子(非嫡出子)について、その父又は母が血縁上の親子関係の存在を認める旨の観念の表示をすることをいう。法律上、当然には親子関係が認められない場合について、親子関係を認める効果がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上記のように、認知をしてもらわない限り、法律上親子関係が認められません。

ということは、法律上あなたの子供には父親がいないことになり、養育費の請求をすることも出来ないのです。

しかしあなたの状況によっては、認知してもらうとデメリットがあるかもしれません。

下記の記事に認知をしてもらうメリットとデメリットを詳しく説明しています。

養育費を受け取る

子の父親である人物とは関りたくないと思っても、お金のことで悩んでいるのなら認知をしてもらい、養育費を受け取りましょう。

私は毎月の養育費を全て、子供の貯金にまわすことが出来ています。

2019年の民事執行法改正により、以前よりも強制執行を利用して養育費を回収しやすくなりました。

とはいえ、相手が無職や借金をしている場合、養育費の受け取りは難しいのが現実です。

養育費は子供の権利であり、基本的に20歳になるまで受け取れます。

下記のデータは、平成23年厚生労働省の調査による子どもの数別養育費(1世帯平均月額)の状況です。

総数1人2人3人4人
平成23年 母子世帯
1世帯平均月額
43,482円
( 380)
35,438円
( 210)
50,331円
( 133)
54,357円
( 28)
96,111円
( 9)
平成23年 父子世帯
1世帯平均月額
32,238円
( 21)
28,125円
( 8)
31,200円
( 10)
46,667円
( 3)
( – )
注:1) 養育費を現在も受けている又は受けたことがある世帯で、額が決まっているものに限る。
注:2) この表における( )内の数値は集計世帯数である。
出典:厚生労働省養育費の状況より引用

例えば、毎月4万円の養育費を20年間受け取ったら、合計960万円の養育費を受け取れることになります。

960万円をシングルマザーが稼ぎ出すのは現実的にかなり厳しいでしょう。

ですから、養育費を受け取ることで心にも経済的にも余裕が生まれます。

養育費請求調停に関しての記事は下記になります。

自分の気持ちに素直になる

未婚で出産して後悔しないためにも、自分の気持ちに素直になることが大切です。

  • 子供が生きているということを忘れて欲しくないけど、相手は認知を嫌がっているから認知は諦めよう。
  • 養育費を受け取りたいけど、どうせ払って貰えないから請求しないでおこう。
  • 養育費の手続き、面倒だから諦めよう。

など、相手を意識して大切なことを決めるのは止めましょう。

相手がどう思おうと関係ないのです。あなたがどうしたいかを考えましょう!

あなたがどうしたいか、子供のためにどうしたいかをまず第一に考えて行動して下さい。

その結果、あなたの希望通りにならなくても、やれるだけのことをやったのなら後悔にはなりません。

人生は、あなたの希望通りにいかないことが絶対に起きます。

だからこそ、自分が出来ることを行動に移しましょう。

そうすることで結果はどうであれ、納得できる人生を送ることが出来ます。

過去は変えられませんし、人間が後悔する理由は現状に不満があるからです。
人生は思い通りにいかないということも理解した上で、前に進んでいく強さも必要です。

未婚で妊娠・出産するのは不安がつきもの

未婚で出産する場合、頼れる旦那さんがいないわけですから、不安な気持ちになるのは当たり前です。

お金のこと、仕事のこと、子供との関係、世間の目、ママ友との付き合いなど、不安を上げればキリがありません。

産むと覚悟を決めたつもりでも、産まれて来るまでは不安がつきまといました。
本当に覚悟が出来たのは、産まれた子供を抱きしめた時からでした。

お金の不安

お金の不安は、結婚していようがシングルマザーだろうが関係なく悩む方は多いです。

ちなみに私は日本のシングルマザーの8割は養育費を貰っていないという情報も目にしたことにより、一層お金の心配が増えました。

下記には、私が養育費を受け取るまでの体験談を書いていますので、養育費に関して知りたい方は参考にして下さい。

シングルマザーは、家事も育児も仕事も1人でやりながら生活をしていかなければいけません。

特に子供が小さいうちは、働ける時間も限られるので収入が減ってしまうのは仕方がないことでもあります。

ひとり親が受けられる手当を下記にまとめたので、参考にしてみてください。

  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 住宅手当
  • 国民健康保険料の軽減・免除
  • ひとり親家庭等医療費助成制度
  •  公共料金の割引
  •  保育料の減額

手当や補助金に頼るのは気が引けるかもしれませんが、子供のためだと思ってわりきった方が良い場合もあります。

仕事の不安

シングルマザーになると、仕事の選択肢がどうしても狭まってしまうことが多いです。

例えば、子供を保育園に通わせた場合、下記のような条件の仕事の中から選択する必要があるでしょう。

  • 土日休みの仕事
  • 保育園のお迎えに間に合うようなシフト
  • 急に休んでも仕事に支障が出にくい業種や環境
  • 保育園から近い職場

とはいえ、上記のような条件の仕事がすぐにみつからない場合もありますよね。

そこでおすすめなのは、在宅ワークです。

在宅ワーク未経験者の方は、クラウドソーシングサイトという在宅ワークの求人を探せるサイトに、まずは登録してみましょう。

様々なクラウドソーシングサイトがありますが、Craudia(クラウディア)というサイトは、主婦向けの仕事も多いのでおすすめです。

Craudia(クラウディア):https://www.craudia.com

子供を保育園に預けられない日でも、家で仕事をしてお金を稼ぐことが出来るので助かっています。

子供と良好な関係を築けるか不安

父親がいないことで、子供に寂しい気持ちにさせてしまったり、学校で嫌な思いをしないかも不安要素の一つになるでしょう。

しかし、ひとり親だとしても、ママが子供との時間を大切にし、愛情を注いで育てていれば問題ありません。

むしろ2人で暮らしているので、親子の絆も深まりますし、子供は責任感がある子に育つケースが多いです。

良好な親子関係を築くには環境も影響するかもしれませんが、それよりも親と子の性格によっても変化するものだと思います。

私は父子家庭育ちですが、父親との関係は良いです。
私のために仕事も頑張ってくれていたのも知っているので、未だに感謝の気持ちでいっぱいです。

未婚出産のメリット・デメリット

私が未婚で出産し、シングルマザーになって子育てをしている中で感じているメリット・デメリットをお伝えしていきます。

妊娠中はデメリットばかりに目を向けていました。
しかし、子供が産まれてからは考え方が変わり、メリットへ目を向けられるようになったので参考にして下さい。

メリット

私が感じている未婚出産のメリットは下記になります。

  • 旦那の世話をしなくていい
  • 家事は好きな時に出来る
  • 育児方針を好きなように決められる

私は子供と2人暮らしをしていますが、正直とても楽です。

実は「旦那が育児を手伝ってくれない。」「旦那も子供と世話するのが疲れる。」などの愚痴をため込んでいるママさんは多いです。

しかし、未婚シングルマザーの場合は子供のことだけを考えて生活すればいいので、家族間でのストレスはかなり少ないです。

疲れている時は家事を後回しに出来ますし、育児方針に関しても自由に決められるのも未婚で出産したママの特権です。

デメリット

  • 父親からの愛情を子供へ与えられない
  • 働かなければいけないので、子供との時間が減る
  • 2人目が欲しくても旦那がいないので、婚活しなければならない

未婚で出産した場合の一番のデメリットは、子供へ父親の愛情を注いであげられないことだと感じています。

しかし、シングルマザーになったお陰で、ご近所の方々が我が子の育児をサポートしてくれることもあり、私は孤独な子育てをしなくてすんでいます。

私たち親子に家を貸してくれている大家さんが、我が子のお世話をしてくれることもありますよ!

他のデメリットに関しては、私が働いて稼いでくる必要があるので1歳から保育園に預ける選択肢しかなかったこと。

そして旦那がいないので、2人目がどんなに欲しくてもまずは婚活をしなければなりません。

実際にひとりで子育てをしながらの婚活は無謀だと感じているので、保育園のママさんたちが妊娠したときくと羨ましい気持ちになることがあります。

子供と2人で生活していく上でのデメリットはほとんどなく、平和な日々を過ごしています。

【まとめ】未婚で子供を出産すると嫌でも強くなる

私は未婚で出産したからといって、後悔していることは何一つありません。

後悔というものは、自分で自分の人生を選択しなかった場合にうまれると思うのです。

例えば、私は付き合っていた彼に「中絶してくれ」と言われた時に、「彼が出産を望んでいないのならば中絶したほうがいいのかもしれない…。」という考えになった瞬間もありました。

シングルマザーになるのが怖かったし、不安だらけだったので、中絶する選択の方が当時の私にとって楽な選択だったかもしれません。

ですが、もしも自分の気持ちを置き去りにして、彼に言われた通り中絶していたら私は一生後悔していたことでしょう。

未婚で妊娠し、出産する決意をするということは、心細いし辛くて大変なことです。

ですが、赤ちゃんが産まれて母親になった瞬間、今まで感じたことのない幸福感に包まれたのも事実です。

その上シングルマザーの場合は毎日が忙しく、あっという間に過ぎていくので、悩んでいる暇がなくなります。

私は今まで、未婚で子供を産んだことを後悔している方に出会ったことがありません。

もしかしたらどこかにいるのかもしれませんが、思っていたよりもみんな幸せそうで、充実した暮らしをしています。

不安はいくらでも大きくなりますから、SNSなどでイキイキとしている未婚シングルマザーさんをみつけて元気をもらうのも良いですよ!

引き続き、シングルマザーの皆さんが前向きになれる記事の更新をしていくので、辛くなったら覗きに来てくださいね♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚のアラサーシングルマザー|ブロガー・ライター。
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや妊婦さん、子育て中のママさんたちへの情報を中心に発信しています♪

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる