【体験談】未婚出産は後悔だらけ?!メリット・デメリットについて

  • 未婚の状態で妊娠したけど、子供を産むか悩んでいる。
  • 未婚で出産をしたいけど、お金がないからどうしようか悩んでいる。
  • 未婚の母になったら世間の目は気になる?
  • 未婚で子供を産んで後悔した?正直な気持ちを教えて欲しい。

など、未婚で妊娠して悩んでいる方へ、私のリアルな経験をもとに記事を書きました。

当ブログは、未婚で子供を出産して現在は1人で子育てをしている、みーこ(@mi_ko_single)が運営しています。

結論からいうと、私は未婚で子供を出産したことを一切後悔していません。

子供を産んで母親になってからは、子供を産まない選択や子供を養子に出すなど、自分で育てない選択をしていた方が後悔していただろうと思うようにさえなりました。

妊娠した時はとにかく不安で、子供をひとりで育てていくなんて無理だと諦めそうになりましたが、子供を出産してからの生活は楽しいですし、毎日子供と笑って生活することが出来ています。

私は未婚で子供を妊娠したことがきっかけで、絶望を経験しましたが結果的には子供の存在のお陰で乗り越えることが出来ました。

未婚の母になるのが不安だったり怖いと感じている方がこの記事を読むことで、少しでも前向きになってくれることを願います。

目次

未婚出産で後悔しないためにするべき3つのこと

未婚で出産して後悔しないためにも、子の父親である男性との関係はしっかり清算しましょう。

  1. 子の父親に認知をしてもらうかどうかを考える
  2. 養育費の取り決めに関して話し合う
  3. 自分の気持ちに素直になる

特に認知、養育費に関しては子供の父親としっかり話し合っておくことで後々後悔しなくて済みます。

子供の父親である相手と関わりたくないと思う方も多いとは思いますが、あなた自身が後悔せずに歩んで行くためにこれらのことはよく考えて向き合っていく必要があるのです。

子の父親に認知をしてもらうか考える

未婚で出産する場合、子の父親である男性に認知してもらうかどうかは、とても重要な問題になります。

認知(にんち)とは、法概念としては嫡出でない子(非嫡出子)について、その父又は母が血縁上の親子関係の存在を認める旨の観念の表示をすることをいう。法律上、当然には親子関係が認められない場合について、親子関係を認める効果がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上記のように、認知をしてもらわない限り、法律上親子関係が認められません。

ということは、法律上あなたの子供には父親がいないことになり、養育費の請求をすることも出来ないのです。

しかしあなたの状況によっては、認知してもらうとデメリットがあるかもしれません。

私が経験したことを元に、下記の記事に子の父親に認知をしてもらうメリットとデメリットを詳しく書いたので参考にして下さい。

養育費の取り決め

子の父親である人物とは関りたくないと思っても、お金のことで悩んでいるのなら認知をしてもらった上で養育費を受け取りましょう。

養育費は子供の権利ですから、遠慮なく子供が20歳になるまできっちり貰う気持ちでいましょう。

2019年の民事執行法改正により、以前よりも強制執行を利用して養育費を回収しやすくなりましたが、相手が無職や借金をしている場合、養育費の受け取りは難しいのが現実です。

ちなみに下記のデータは、平成23年厚生労働省の調査による子どもの数別養育費(1世帯平均月額)の状況です。

総数1人2人3人4人
平成23年 母子世帯
1世帯平均月額
43,482円
( 380)
35,438円
( 210)
50,331円
( 133)
54,357円
( 28)
96,111円
( 9)
平成23年 父子世帯
1世帯平均月額
32,238円
( 21)
28,125円
( 8)
31,200円
( 10)
46,667円
( 3)
( – )
注:1) 養育費を現在も受けている又は受けたことがある世帯で、額が決まっているものに限る。
注:2) この表における( )内の数値は集計世帯数である。
出典:厚生労働省養育費の状況より引用

例えば、毎月4万円の養育費を20年間受け取ったら、合計960万円の養育費を受け取れることになります。

現実的には、子供を1人で育てるシングルマザーが960万円を稼ぎ出すのは厳しいので、子供の父親から養育費を受け取ることで心にも経済的にも余裕が生まれます。

自分の気持ちに素直になる

未婚で出産して後悔しないためにも、自分の気持ちに素直になることは非常に大切なことです。

  • 子供が生きているということを忘れて欲しくないけど、相手は認知を嫌がっているから認知は諦めよう
  • 養育費を受け取りたいけど、どうせ払って貰えないから請求するのは諦めよう。
  • 養育費の手続き、面倒だから諦めよう。

など、自分の気持ちを無視して相手に合わせて決めるのは絶対に止めましょう。

相手がどう思おうと関係ありません。

あなたがどうしたいかだけを考えていきましょう。

あなたがどうしたいか?子供のためにどうしたいか?』を第一に考えて行動した場合、あなたの希望通りにならなくても、やれるだけのことをやったのなら後悔にはなりません。

自分の思い通りの結果にはならないこともありますが、自分の気持ちを優先させて行動することで納得のできる人生を送ることが出来るのです。

未婚で妊娠・出産|5つの不安要素

未婚で妊娠・出産するのは不安になって当たり前

未婚で出産する場合、頼れる旦那さんがいないわけですから、不安な気持ちになるのは当たり前です。

  1. お金の不安
  2. 仕事の不安
  3. 子育てに関する不安
  4. 子供との親子関係に対する不安
  5. 世間からどうみられるのか不安

など、他にも不安を考え出すとキリがありませんよね。

私の場合も産む覚悟をしたつもりでしたが、産まれて来るまでは常に不安がつきまといました。

本当に覚悟が出来たのは、産まれた子供を抱きしめた時からでしたね。

お金の不安

お金の不安は、結婚していようがシングルマザーだろうが関係なく悩む方は多いです。

ちなみに私は日本のシングルマザーの8割は養育費を貰っていないという情報も目にしたことにより、一層お金の心配が増えました。

下記には、私が養育費を受け取るまでの体験談を書いていますので、養育費に関して知りたい方は参考にして下さい。

シングルマザーは、家事も育児も仕事も1人でやりながら生活をしていかなければいけません。

特に子供が小さいうちは、働ける時間も限られるので収入が減ってしまうのは仕方がないことでもあります。

ひとり親が受けられる手当を下記にまとめたので、参考にしてみてください。

  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 住宅手当
  • 国民健康保険料の軽減・免除
  • ひとり親家庭等医療費助成制度
  •  公共料金の割引
  •  保育料の減額

手当や補助金に頼るのは気が引けるかもしれませんが、子供のためだと思ってわりきった方が良い場合もあります。

仕事の不安

シングルマザーになると、仕事の選択肢がどうしても狭まってしまうことが多いです。

例えば、子供を保育園に通わせた場合、下記のような条件の仕事の中から選択する必要があるでしょう。

  • 土日休みの仕事
  • 保育園のお迎えに間に合うようなシフト
  • 急に休んでも仕事に支障が出にくい業種や環境
  • 保育園から近い職場

とはいえ、上記のような条件の仕事がすぐにみつからない場合もありますよね。

そこでおすすめなのは、在宅ワークです。

在宅ワーク未経験者の方は、クラウドソーシングサイトという在宅ワークの求人を探せるサイトに、まずは登録してみましょう。

様々なクラウドソーシングサイトがありますが、Craudia(クラウディア)というサイトは、主婦向けの仕事も多いのでおすすめです。

Craudia(クラウディア):https://www.craudia.com

在宅でお金を稼げるようになると、子供を保育園に預けられない日でも家で仕事をしてお金を稼ぐことが出来るので非常に助かりますよ。

子育ての不安

実家の両親や親せきに頼らずに、完全に1人で子供を育てる場合、子育てに関する不安は大きくなるでしょう。

特に第一子ならば育児の経験もない状態ですから、子育てと日常生活を送るのはママにとってかなりの負担になります。

ですから、決して一人で育児をやろうとしないで下さい。

市町村窓口や、ひとり親相談窓口など、ひとり親に寄りそってくれる方は必ずいます。

サポートしてくれる方に助けてもらいながら、自分自身の精神面も整えつつ子供と向き合っていくことが、シングルマザーには必要なことなのです。

子供との親子関係に対する不安

父親がいないことで、子供に寂しい気持ちにさせてしまったり、学校で嫌な思いをしないかも不安要素の一つになるでしょう。

しかし、ひとり親だとしても、ママが子供との時間を大切にし、愛情を注いで育てていれば問題ありません。

むしろ2人で暮らしているので、親子の絆も深まりますし、子供は責任感がある子に育つケースが多いです。

良好な親子関係を築くには環境も影響するかもしれませんが、それよりも親と子の性格によっても変化するものだと思います。

私は父子家庭育ちですが父親との関係は良好ですし、私のために仕事も頑張ってくれていたのも知っているので感謝の気持ちでいっぱいです。

世間にどうみられるかの不安

シングルマザーへの偏見は残念ながらゼロにはなりません。

人によっては、「父親がいなくて子供がかわいそう。」「1人で子育てしてて大変ね…。」などと哀れみの言葉をかけてくる人も中にはいるでしょう。

私も、同情されたり哀れみの言葉をかけられたことがありますが、最初のうちはとにかく嫌な気分になりましたし、傷つくこともありました。

しかし、シングルマザーとして生活していくうちにメンタルが強くなり、そんな言葉に振り回されないくらい毎日が充実していったのです。

嫌味を言う人や、一緒にいて心地よくないと感じる人とは関わらないことが一番の解決法です

もちろん性格にもよると思いますが、シングルマザーとして生きることを決意できるような方は、他人の目も気にしなくて済む日が訪れるでしょう。

未婚出産のデメリット

未婚で出産するとなると、デメリットばかりに意識がいくのではないでしょうか。

私が実際に未婚で出産して感じているデメリットは下記の2つです。

  • 父親からの愛情を子供へ与えられない
  • 働かなければいけないので子供と過ごす時間が減る

父親の愛情を与えられない

未婚出産の最大のデメリットは、子供に父親の愛情を与えてあげることが出来ないことでしょう。

子の父親が認知もしてくれて、面会交流などで子供の成長を定期的にみてくれるのならば話は別ですが、未婚の場合はそのように接してくれるケースは少ないです。

物心ついた時に、父親がいないことで子供に寂しい思いをさせてしまうかもしれません。
ですが、そのように感じないように2人での生活を楽しいものにしていきたいですね。

子供と過ごす時間が減る

シングルマザーの場合は稼いで来てくれる旦那がいないので、子育てをしながら仕事をしなければなりません。

未婚で出産した場合は、子供が0歳や1歳のうちから保育園に入れて仕事を始める必要性があるため、子供と過ごせる時間が限られてしまいます。

お金持ち出ない限り、幼稚園からではなく保育園から通わせることになるでしょう。
子供と2人で生活していくためには仕方がないのですが少し寂しいですよね。

私の場合は、0歳の間は子供と一緒に過ごしたかったので、1歳から保育園に預けました。

出来れば幼稚園までは、子供と一緒に過ごせたら良かったのですが、経済的に働かなければ生活していけばい状況だったので仕方なく保育園へ通わせました。

とはいえ、保育園に入れたことで子供にはお友達ができ、私も余裕をもって家事や仕事をすることが出来るようになったのでデメリットばかりではありませんでした。

未婚出産のメリット

次に、未婚で出産してシングルマザーになった私がメリットに感じていることをご紹介します。

  • 旦那の世話をしなくていい
  • 家事などは融通が利く
  • 育児方針は自分の意見を優先できる

妊娠中はデメリットばかりに目を向けていましたが、子供が産まれてからは考え方が変わり、メリットを感じられるようになりました。

旦那の世話をしなくていい

旦那さんがいるママと話していると、「旦那が育児を手伝ってくれない。」「旦那も子供も変わらない。世話するのが疲れる。」などの愚痴をきくことがあります。

旦那がいると楽な面はもちろんあるでしょうが、その反面ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

私の場合は、夫婦間から生れるストレスとは無縁なのでとても楽だと感じています。

家事などは融通が利く

夫婦で生活をしていても、シングルマザーとして生活をしていても、恐らく家事をするのは女性の割合が多いでしょう。

ですから、旦那さんが家事を積極的に手伝ってくれない場合、女性の負担は必然的に大きくなります。

夫婦の場合ですと、旦那さん仕事から帰ってくるまでに掃除やご飯の支度をしなければいけないですよね。

シングルマザーの場合ですと、自分が疲れている時はいくらでも手を抜いて家事をすることが出来ます。

疲れてしまって夕飯の準備が面倒な時には、子供と好きなように外食へ行けますし、掃除や洗濯も自分と子供のことだけ考えていればいいので楽だとも言えますね。

育児方針は自分の意見を優先できる

夫婦で子育てをしている場合、育児方針や教育方針の不一致が起こりえるでしょう。

子供の教育方針が一致しない夫婦は意外と多いという話を聞きますし、お互い我の強い夫婦ですと喧嘩になってしまう夫婦もいるようです。

シングルマザーの場合は旦那さんに相談出来ませんが、自分が育てたいように子供を育てていくことが出来ます。

責任重大ですが、他人と言い争うことにはならないのもシングルマザーの特権だと言えるでしょう。

【まとめ】未婚で子供を出産すると嫌でも強くなる

未婚で子供を出産すると嫌でも強くなる

私は未婚で出産したからといって、後悔していることは何一つありません。

ちなみに後悔というものは、自分で自分の人生を選択しなかった場合に感じるものだと思うようにもなりました。

私は未婚のシングルマザーになるのが怖かったですし、不安も大きかったので中絶することも考えました。

当時の私は、逃げ出したい気持ちでいっぱいでしたが、腹の赤ちゃんの命と必死に向き合った結果子供を産む決断をしました。

ですが、赤ちゃんが産まれて母親になった瞬間、今まで感じたことのない幸福感に包まれたのも事実です。

その上シングルマザーの場合は毎日が忙しく、あっという間に過ぎていくので悩んでいる暇がなくなりました。

私は今まで、未婚で子供を産んだことを後悔している方に出会ったことがありません。

もしかしたらどこかにいるのかもしれませんが、思っていたよりもみんな幸せそうで、充実した暮らしをしています。

不安はいくらでも大きくなりますから、SNSなどでイキイキとしている未婚シングルマザーさんをみつけて元気をもらうのも良いですよ。

引き続き、シングルマザーの皆さんが前向きになれる記事の更新をしていくので、辛くなったら覗きに来てください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚で子供を出産したアラサーシングルマザー
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや未婚で妊娠中の妊婦さんへ向けて発信を続けています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる