【福寿来の体験談】妊娠中から産後まで大活躍!助産師さんイチオシのお茶


産後や授乳中は、1日1.5ℓ~2ℓほどの水分を取るのがいいとされています。

それだけの水分を取るからには、出来るだけ安心して身体に良いものを飲みたいですよね。

そこでおすすめなのは、福寿来というお茶です。

実はこの福寿来、私が入院していた産婦人科でポットに入って飲み放題だったのですが、ベテラン助産師さんたちがオススメするほどのお茶。

安心して飲むことが出来ましたし、便秘にも効果があり、授乳中の乳腺炎予防としても効果がありました。

産後は授乳もありますから、しっかり水分をとって代謝を良くしましょう♪

目次

福寿来はどんなお茶?

産婦人科で福寿来に巡り合うまでは、こんなお茶があることも知りませんでしたし、飲んだこともありませんでした。

福寿来は、38種類の薬草で出来ているお茶です。

原材料:ハトムギ、ウーロン、エビスグサの実、玄米、ハトポップ、秋ウコン、バンランコン、クミスクチン、レイシ、ギムネマシルベスター、ドクダミ、ベニバナ、ローズヒップ、クチナシ、サルノコシカケ、サンザシの実、キキョウ、クマザサ、イチョウ、ウラジロガシ、ナルコユリの根、ヒキオコシ、カキヨウ、クコヨウ、クワヨウ、グアバ、コリアンダー、カンゾウ、アマチャヅル、ビワヨウ、サクナ、セッコツソウ、バナバ、ラフマヨウ、カンバラ、アシタバ、キダチアロエ、ケール

沖縄長生薬草本社 福寿来A (2g×30包)パッケージより

こどもから、お年寄りまでが安心して飲めるお茶なので、妊娠中から産後の授乳中でも飲むことが出来ます。

私の感想としてはクセもなく、とても飲みやすかったです。

麦茶のようにゴクゴク飲めました。

ホットでもアイスでも飲めますが、妊娠中や授乳中は身体を温めた方がいいので、ホットで飲むことをおすすめ。

信頼している産婦人科でオススメだったので、安心して毎日2ℓ飲み続けられました。

※妊娠中はとてもデリケートな時期ですから、心配性な方は担当の助産師さんや先生に聞いてから飲むといいですね。

産後に飲むメリット・デメリット

お茶

福寿来を実際に飲んで感じているメリットはとても多いのですが、デメリットになり得ることも含めてご説明していきます。

メリット

私が授乳中に飲み続けて感じていたメリットは下記になります。

  • 老廃物を出してくれる。
  • 便秘の解消。
  • 身体を温めてくれる。
  • 血液の巡りが良くなる。
  • 乳腺炎予防にも効果的。
  • おっぱいの出が良くなった。

妊娠中から産後は、便秘に悩まされる時期もありますよね。

福寿来は女性に嬉しい効果を発揮してくれるので、生活の中に取り入れてみると早い方なら1日で、変化を感じられることでしょう。

デメリット

万能な福寿来にも、デメリットと感じられる点はあったので正直にお伝えしていきます。

  • お腹がゆるみ、トイレに行く回数が増える。
  • 飲み始めは利尿作用効果が強く感じるので、外出前や就寝前に飲めない

福寿来は、利尿作用がある茶葉も使われ、身体の中の老廃物を出してくれるメリットがある反面、デメリットにもなり得るのです。

とはいえ、解決策もあるのでご安心下さい。

福寿来おすすめの飲み方

通常、福寿来は1リットル~1.5リットルのお水に対して1袋いれて飲みます。

しかし、利尿作用効果がしっかりと出るので、飲み始めは1.5リットル~2リットルくらいのお水で薄めて飲むのがおすすめ。

最初は薄めに作って、慣れてきたらお水の量を減らして飲んでいくのが良いでしょう。

【まとめ】福寿来は妊娠中から産後に大活躍

たまたま産婦人科で教えていただいた福寿来でしたが、私は未だに飲み続けているほど、手放せないお茶になりました。

福寿来を飲み続けて、授乳をしていましたが、赤ちゃんもなんの問題もなく元気に成長しています。

便秘に悩まされたり、おっぱいの出が良くない時は、福寿来を試してみて欲しいですが、心配性な方は助産師さんや医師の承諾を得てから生活の中に取り入れて下さい。

普段飲んでいるお茶を福寿来に置き換えるだけで、便秘の悩みが解消されますよ。

福寿来は様々な大きさのものが販売されていますが、最初は下記のサイズがおすすめです♪

上手に取り入れながら快適な妊婦生活、授乳生活を送ってください♪


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚のアラサーシングルマザー|ブロガー・ライター。
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや妊婦さん、子育て中のママさんたちへの情報を中心に発信しています♪

コメント

コメントする

目次
閉じる