未婚で妊娠|胎児認知を拒否されたらどうする?拒否された後に出来ること

未婚で妊娠した場合、胎児認知を望む妊婦さんは多いと思いますが、現実的には胎児認知を拒否されてしまう可能性は非常に高いようです。

胎児認知を拒否されることは、妊婦さんにとってかなり精神的ダメージになりますよね。

私は弁護士に依頼し、胎児認知調停を家庭裁判に申し立てましたが、不成立になったので絶望的になりました。

今回の記事では、胎児認知を拒否された後に妊婦さんが出来ることもお伝えしていくので、希望を捨てずにしっかり赤ちゃんを守っていきましょう。

目次

未婚で妊娠した場合は胎児認知を拒否される?

未婚で妊娠した場合でも、結婚を前提にお付き合いしている場合は、胎児認知をしてもらえる可能性はあります。

しかし、結婚を前提にお付き合いしていたはずなのに、実際に子供が出来ると父親になることが怖くなって逃げ出してしまう男性もいるのが現実。

残念なことに、子供の父親に胎児認知を拒否されると、妊婦さんは子供が産まれて来るまではなにも出来ません。

とはいえ、胎児認知を拒否された後にあなたがやるべき大切なことがあるので、お伝えしていきますね。

絶望したくなる気持ちは痛いほどわかります…。
ですが、気持ちをしっかり立て直して赤ちゃんを育てていきましょう。

胎児認知を拒否された後に出来ること

胎児認知を拒否された後にあなたが出来ることは下記になります。

  • ストレスを溜めない生活を心がける
  • 憎い気持ち、悔しい気持ちをバネにし、子供を産んでから養育費請求すると決意する
  • 出生前羊水DNA鑑定を行う
  • 子供の父親とは完全に縁を切り、養育費も貰わずに生きて行くと決意する

詳しく説明していきます。

ストレスを溜めない

胎児認知を拒否されると、子供の命を無視されて責任を取らないと言われているようなものですから、かなり精神的にダメージを受けることになると思います。

ですが、認知してもらえなかった場合でも出来るだけ前を向いて生活していきましょう!

いつまでも悔やんだり、落ち込むのは赤ちゃんにとっても良くないです。

まずは赤ちゃんを産んで、母子共に元気でいられるように生活を整えていきましょう。

子供が産まれてから養育費を請求すると決意する

胎児認知を拒否されても、子供が産まれてからDNA鑑定をすると、必ず親子関係は証明されます。

今まで逃げて来た子の父親である男性も、子供が産まれてしまえば逃げることが出来ません。

ですから、元気な子供を産み、しっかり責任を取ってもらうために養育費を請求する強い意志を持って生きましょう。

私も、胎児認知を拒否されて相当落ち込みましたが、『逃がすものか!絶対に責任を取らせてやる!』という気持ちで最後の妊婦生活を送っていましたね。笑

出生前羊水DNA鑑定を行う

出生前羊水DNA鑑定

出生前羊水DNA鑑定とは、赤ちゃんがお腹にいるうちに羊水を摂取してDNA鑑定を行う方法です。

胎児認知をしてもらうための、最後の手段として利用することが出来るでしょう。

とはいえ、出生前羊水DNA鑑定は大きなデメリットがあるのでしっかり考えた上で利用して下さい。

私は、デメリットが大きすぎたので利用はしませんでした。

  • 流産の危険性がある。
  • 赤ちゃんの身体に障害が残るリスクがある。
  • 鑑定結果を法的に使う場合、20万前後の高額な費用がかかる。

ちなみに、実際にこの方法で胎児認知させようとした妊婦さんの話を聞いたことがあるのですが、親子関係が認められないという判定鑑定結果が出たそうです。

採取に協力してもらった男性は間違いなく胎児の父親でしたが、運悪く判定ミスの結果が出てしまい、男性は余計に不信感を感じて認知を拒否し続けました。

母子共にリスクもある上に、検査結果も確実ではないので個人的にはおすすめ出来ません。

子供の父親とは完全に縁を切る

『胎児認知も拒否し、子供の父親としての責任を取るつもりがないのなら…もういい!!私一人で育てる!!』と決断出来る方も中にはいらっしゃるかもしれません。

とはいえ、父親である男性と完全に縁を切るならば、養育費の請求も出来なくなってしまいます。

将来的に子供に悪影響がいかないのであれば、父親である男性に頼らずに生きて行くと決断するのもありでしょう。

まとめ:胎児認知を拒否されても出産に向けて生活を整えよう

胎児認知を拒否されても出産に向けて生活を整えよう

もし胎児認知を拒否されたとしても、気持ちを強くもって生活を整えていきましょう。

赤ちゃんはママに会うために頑張って成長し続けているので、ママがしっかり赤ちゃんを守ってあげなければいけません。

とはいえ、精神的に落ち込んでしまう瞬間はあると思うので、そんな時はベビーグッズを揃えたり、子供が産まれたら一緒に行きたい場所などをピックアップすると気分転換になりますよ。

子供が産まれてしまえば、母親としての自覚も出て来ますし、とにかく忙しくなるので悩んだりクヨクヨする暇もなくなってきます。

1人で育てると産む決断をしたあなたなら出来ますよ!
まずは自分自身のことと、赤ちゃんのことを大切にして下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚のアラサーシングルマザー|ブロガー・ライター。
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや妊婦さん、子育て中のママさんたちへの情報を中心に発信しています♪

コメント

コメントする

目次
閉じる