【経験談】養育費請求調停を弁護士に依頼するメリット・デメリット

養育費請求調停を弁護士に依頼するメリット・デメリット
  • URLをコピーしました!

養育費請求調停は弁護士に依頼すると高いよね?なら自分で調停申し立てた方がメリットあるのかな?

離婚や未婚で子どもを産んだシングルマザーの8割は、養育費を受け取れていません。

たった2割のシングルマザーだけが養育費を受け取っているという状況なのです。

詳しいデータを知りたい方は厚生労働省HP「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」をご覧ください。

このようなデータから、「どうせ養育費もらえないだろうし…」「貰えるかわからない養育費のために弁護士費用もかけたくないし…」と思うシングルマザーさんもいらっしゃることでしょう。

今回は、養育費請求調停を弁護士に依頼したシングルマザーである私の経験を踏まえ、弁護士に依頼するメリット・デメリットをご説明していきます。

目次

養育費請求調停とは?

養育費請求調停とは、子どもの親である父親と母親だけで話し合いをしても合意が得られない場合、調停委員や裁判官を含めて話し合いを進める手続きのことです。

養育費請求調停で話がまとまらない場合は、審判の手続に移行します。

養育費請求調停で取り決めた内容は、調停調書に記載されます。
調停調書は判決や公正証書と同じく、養育費未払いの際は強制執行手続きを取ることができるようになります。

養育費請求調停を弁護士に依頼するメリット

養育費請求調停を弁護士に依頼するメリットは下記になります。

  1. 養育費請求調停をスムーズに進められる
  2. 子父とのやりとりをしなくて済む
  3. 子育てに集中できる

養育費請求調停をスムーズに進められる

養育費請求調停を弁護士に依頼する最大のメリットは、調停をスムーズに進められる点でしょう。

養育費請求調停が成立するのは、早くて半年、長い1年以上かかってしまうケースも少なくないそうです。

養育費請求調停を申し立てているということは「養育費を支払いたくない」「養育費は支払えない」と逃げられているケースがほとんどではないでしょうか。

そのような相手とは、養育費請求調停を申し立てたとしても、話し合いがまとまらないで時間だけが過ぎている恐れもあります。

相手が話し合いに応じず、向き合ってくれない場合は、法律のプロである弁護士に依頼することで調停での話し合いがスムーズに進められるのです。

子父とのやりとりをしなくて済む

養育費請求調停を弁護士に依頼するということは、当事者本人たちが話し合う必要がなくなります。

調停には基本的に弁護士と出席しますが、弁護士に依頼すると相手方も弁護士をつけて話し合いに臨んでくるでしょう。

ですから、形式上申立人の弁護士VS相手方の弁護士で話し合いが進みます。

子育てに集中できる

養育費請求調停を自分で申し立てるとなると、調停に必要な書類を揃えることから始まります。

とはいえ、シングルマザーの身で慣れない必要書類などを集めるのは非常に時間がかかり、疲れてしまうことでしょう。

調停もスムーズに進まないとなると、ストレスにもなることが想像できますし、子育てどころではなくなってしまう瞬間もあるかもしれません。

私自身、調停に弁護士さんと出席するだけでも非常に精神が削られました…。1人で調停を申してていたら子育てが手につかなかっただろうと感じていましたね。

養育費請求調停を弁護士に依頼するデメリット

養育費請求調停を弁護士に依頼するデメリットは、たった一つ。

弁護士費用がかかってしまうという点です。

とはいえ、法テラスなどを利用すると金額を抑えられることもあるのでまずは専門窓口に相談してみるのがいいでしょう。

弁護士必要がかかってしまう

養育費請求調停を弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかってしまうので、その点だけはデメリットになってしまうでしょう。

個人で養育費請求調停にかかる費用は、2,000円~4,000円くらいで済みますが、弁護士に依頼すると個人で申し立てるのと比べ物にならないほど費用がかかってしまうことがほとんど。

とはいえ、何十年も支払ってもらえる養育費のためならば、一時的に弁護士費用がかかったとしても調停で法的に取り決めるのがいいでしょう。

弁護士が間に入ってくれる期間

養育費請求調停を弁護士に依頼した場合、依頼した日から養育費請求調停が成立するまでの期間は全て弁護士が間に入って話をまとめて下さります。

ですから、養育費請求調停を申し立てて、調停が終わったら弁護士としての任務は完了するのです。

例えばその後、相手方が養育費を支払わないとしても弁護士は動いてくれません。

自分で動く必要がある、もしくは再度弁護士へ依頼して解決してもらうことになります。

弁護士さんに頼れる期間は弁護士さんに頼りきって、不安なことや疑問点はしっかり相談に乗ってもらいましょう。

まとめ

  • 養育費請求調停は弁護士に依頼した方がスムーズ
  • 話し合いに応じない相手の場合は弁護士に依頼するのが最善
  • 養育費請求調停を弁護士に依頼するとお金はかかるが精神的負担は減る

養育費請求調停を申してて、調停調書で取り決めることができると養育費未払いの場合は強制執行を行うことが可能になります。

子どものためにも、母親としてできる最善のことを行っていきましょう。養育費の未払いに関しての法律も厳しくなってきているのでしっかり法的手続きを取ることで未払いを防ぐことはできるのです。

養育費請求調停を弁護士に依頼するメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次