子ども食堂に通うシングルマザーは図々しい?貧困層が行く場所って本当?

みなさん、子ども食堂のイメージはどんなものをお持ちですか?

「貧困層の家族が行く場所。」

「無料や低価格で食事を食べられる場所。」

「子ども食堂に行くなんて恥ずかしすぎる。」

「食事の用意をしたくない親が行く場所。」

などというイメージを持ている人も少なくないようです。

私も子ども食堂へ行く前は、少なからず抵抗があったのですが「子供と2人で食事をするよりも大勢で食事が出来たらな…。」と思うようになったので思い切って子ども食堂へ行って来ました。

実際に子ども食堂へ行って感じたことを詳しくお伝えしていくので、子ども食堂について知りたい方は最後までお読みください。

目次

子ども食堂について

子ども食堂はなんのためにあるのか

多くの方が子ども食堂に抱いているイメージとして、「貧困対策」が挙げられるでしょう。

しかし、本来は子ども食堂には下記のような目的も含まれています。

子ども食堂(こどもしょくどう、表記は、子ども食堂に関する最初の著作のタイトルから取ったもの。以下、表記の違いは、団体名などから)は、子供やその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団欒を提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子供と大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  • 孤食の解決
  • 地域コミュニティの拠点になる場所
  • 子どもの貧困対策
  • 共働きで食事を用意する時間がない親も利用できる場所

子ども食堂は貧困な家族だけが行く場所ではありません。

子ども好きな大人の方も、地域の方々とコミュニケーションを取るために来ている方もいらっしゃるのです。

子ども食堂のイメージ

子ども食堂には、「貧困・孤独・育児放棄」のような暗いイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか。

しかし実際は、そのようなイメージを覆す場所だと感じている方は多いようです。

私も実際に子ども食堂へ行って、自分が子ども食堂へ抱いていた暗いイメージは180度変わりました。

どんな雰囲気?

子ども食堂は、決して暗い雰囲気ではありませんでした。

私が伺った子ども食堂は、非常に素晴らしい雰囲気で運営していると感じ、子ども食堂のイメージが覆されました。

  • 親子で楽しく食事をして明るい雰囲気
  • 初対面の子ども同士でもすぐに仲良くなって遊んでいる
  • ママ同士で子育ての話が出来る場所
  • スタッフさんも気さくで子どもと遊んでくれたりする
  • 子ども好きな大人もいてみんなでコミュニケーションを取り合う場所
  • 大家族で楽しく食事をしている雰囲気

我が子もとても楽しそうにしていたので、いつも2人きりでご飯を食べている身としては非常にありがたい場所だと感じました。

どんな人たちが来るの?

子ども食堂には貧困だったり品の悪い家族は見当たらず、年齢層は幅広く様々な方が来ていました。

  • 母と子
  • 父と母と子の家族みんなで
  • 会社帰りのサラリーマン
  • 学校帰りの女子大生
  • 子ども好きなおじさん
  • 皆で夕飯を楽しみたい中年の男女

見た目から貧困層だと判断するのは難しいことかもしれません。

しかし、私が子ども食堂に来ていた家族をみた限り、心が荒んでいたり貧困だと感じる方は1人もおらず、気さくな家族が多かったです。

利用料金

子ども食堂は全国に約150箇所あるのですが、そのうち6割が子どもは無料でご飯を食べることが出来ます。

大人が利用する場合は、300円~500円程度の利用料金でご飯を食べられるところがほとんどのようです。

子ども食堂は、ボランティアや支援によって賄われているためこのように無料であったり安価な価格で食事を食べられることが出来るのでしょう。

提供される食事について

子ども食堂で提供される食事

子ども食堂で提供される食事は、主食・主菜・副菜を基本としたバランスの取れた食事でした。

  • 白米
  • 肉or魚
  • サラダ
  • スープ
  • フルーツやスイーツなどのデザート

苦手な食べ物は先に伝えると他の食材で代わりのものを用意してくれたり、お代わりも自由にすることが出来ました。

子ども食堂は貧困層だけが利用する場所ではない

子ども食堂は貧困層が利用する場所なのか?

実際に子ども食堂へ足を運んでみた私の意見としては、子ども食堂がつくられた目的は貧困で困っている家族に食事を提供する目的よりも、孤食を防ぐ目的が強いと感じました。

現在は核家族化が進行し続け、共働き世帯も多いため、家族全員で食事をとることが出来ないご家庭も多いのではないでしょうか。

シングルマザーでなくても、パパが仕事を遅くまで頑張っているため、いつも夕飯はママと子ども2人きりで食べているという家庭だってあるでしょう。

子ども食堂は、家庭環境は関係なく、誰もが利用出来て皆でワイワイ楽しみながら明るい気持ちで夕飯を食べることが出来る場だと私は感じています。

地域のコミュニティを活性化させられる場所

「核家族化が進行し、学校の給食でさえコロナ禍の影響で楽しく食べられない…。」

そんな寂しい毎日を過ごす子どもたちのことを、子ども食堂は救ってくれているようにも感じます。

地域の方々とコミュニケーションを取り、様々な家族が楽しく食事を楽しめる場所、それが子ども食堂の一番の魅力なのではないでしょうか。

「仕事で疲れたからご飯を用意したくないな…。」

「みんなでワイワイ食事を楽しみたいな…。」

「近所でママ友を作ったり子どもの友達が出来たらいいな…。」

子ども食堂はそんな悩みも解消し、みんなで子育てを楽しめる場所だと思うようになりました。

メディアの報道の仕方にも問題がある

私がイメージしていたように、子ども食堂は貧困対策が目的で行われていると思っていた方は少なくないようです。

メディアは強い影響力を持っているため、メディアの情報だけでイメージを持ってしまっては、子ども食堂本来の良さに気づくことの出来ない方は多いままです。

もしお近くに子ども食堂があるのなら、一度足を運んでみて本当の姿を感じてみてはいかがでしょうか。

子ども食堂の良さは実際に行ってみなければわからない

子ども食堂の目的は多岐に渡るため、どの問題を重視して運営しているかは、それぞれの子ども食堂によって違うでしょう。

私の場合は、子ども食堂のイメージが非常に良いものへと変わりましたが、私が行った子ども食堂がたまたま運営者も食事を食べに来ている家族も雰囲気が良かっただけかもしれません。

もし、子ども食堂の本来の姿が気になるだとか、食事の時間に寂しさを感じているのならばお近くの子ども食堂へ一度は行って自分の目で確かめてはいかがでしょうか。

注意点としては「食事の準備が面倒だから。」「食費が浮くから」などの理由だけで食事だけ済ましてさっさと帰りたいと思っているのなら行かない方が良いでしょう。

地域の方々とコミュニケーションを取る気持ちがない場合、子ども食堂はあまりおすすめ出来る空間ではありません。

とはいえ、子ども食堂は「貧困層の家族が行く場所」というイメージだけが定着してしまっている方も多いと感じるので、本来の魅力がたくさんの親子へ伝わっていくことを願います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚で子供を出産したアラサーシングルマザー
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや未婚で妊娠中の妊婦さんへ向けて発信を続けています。

コメント

コメントする

目次
閉じる