【暴露】未婚の母が養育費請求調停にかかった弁護士費用は?

・養育費請求調停を申し立てたいけど、弁護士費用を用意出来ない。
・弁護士をつけないと調停で不利になるの?

という疑問をお持ちの方に、私の体験談を元にご説明していきます。

結論からいうと、弁護士費用は安いものではありませんが、調停をスムーズに進めたいのならば弁護士に依頼するのは必須です。

特に、子の父親である男性がお金を持っている場合、弁護士費用をかけてでも養育費を回収した方が良いでしょう。

なぜなら、未婚の母になる場合、養育費を貰えるか貰えないかは今後の生活に大きく影響しますし、1人で調停を申し立てて戦うのはかなりハードルが高い。

そして、子供の父親である相手が会社勤めをして毎月しっかり収入を得ているのならば、貰える養育費の金額は大きくなる可能性が非常に高いからです。

弁護士に依頼することで、調停はスムーズ進みますし、強い味方がいてくれることで、ママの負担がかなり減りますよ。

\まずは無料相談/

目次

未婚の母が養育費請求調停にかけた弁護士費用

私が養育費請求調停にかけた弁護士費用は合計で437,700円でした。

ちなみに、一般的な弁護士費用の内訳は下記になります。

  • 相談料30分:5,000円~数万円
  • 着手金:利益の2%~8%程度
  • 報酬金:利益の2~16%程度
  • 経費や実費(出張費・交通費)など

それでは次に、私が実際にかかった弁護士費用の内訳をお伝えしていきます。

実際に請求された弁護士費用

私は胎児認知調停・認知調停・養育費請求調停・面会交流調停を申し立てました。

その結果、実際に請求された金額は下記になります。

【弁護士に依頼した内容】【費用】
胎児認知請求128,000円
認知請求(出生後)75,000円
DNA鑑定費用+出張費37,500円
養育費請求54,000円
養育費請求(示談→調停)21,000円
面会交流43,000円
報酬金(養育費の金額の10%+消費税)2年間分79,200円
合計金額437,700円
※案件や内容によって費用は異なります

養育費請求調停にかかった弁護士費用

養育費請求調停だけにかかった弁護士費用は、約15万円でした。

費用合計437,700円と書きましたが、養育費請求調停にかかった金額は黄色いマーカーをひいた箇所だけです。
約154,200円の弁護士費用がかかったことになります。

私は法テラスで契約をしている弁護士さんに依頼をしたので、この金額で収まりました。

しかし、法テラスと契約をしていない弁護士さんの場合、倍くらいの金額になるという話はよく耳にします。

2020年4月1日に民事執行法が改正され財産の差押がしやすくなりました。
よって、今まで養育費を受け取れなかった方でも受け取れる可能性は高くなっています。

養育費請求調停を弁護士に依頼するメリット・デメリット

弁護士に依頼するメリットは大きいと感じていますが、デメリットもご説明していきます。

ちなみに私は弁護士さんに依頼して何一つ後悔していません!
1人では絶対に心折れていたと思います。

メリット

  • 法律のプロである弁護士さんに全てを任せられる
  • 調停がスムーズに進む
  • 不安なことや、心配なことを共有・相談できる
  • 精神的ストレスがかなり減る
  • 子育てに専念できる

弁護士さんへ依頼する最大のメリットは、手続きを任せられることです。

未婚の母(シングルマザー)の場合、基本的に1人で子供を育てていくことになるので、日々の生活を送るだけでいっぱいいっぱいになります。

ですから、調停などの手続きを弁護士に依頼せずに行うことはかなり無謀なことだと私は感じました。

とはいえ、シングルマザーさんの中には、弁護士に依頼しなくても養育費請求調停の手続きを1人で進める方はいらっしゃいます。
私は本気で無理でした。

デメリット

  • 弁護士費用がかかる
  • 弁護士と馬が合わない可能性がある
  • 良い弁護士に当たるとは限らない

弁護士さんへ依頼する場合、当たり前ですが弁護士選びはとにかく大事です。

相性が悪くても、仕事をしっかり進めてくれる弁護士さんなら良いのですが、やる気のない弁護士さんも中にはいます。

特に法テラスで依頼する弁護士さんの質が良くないという情報も耳にするので、依頼する弁護士さんはしっかり見極めていく必要があります。

法テラスの評判が悪い原因に関しては、下記の記事に詳しく書いてあったので参考にすると良いでしょう。

未婚の母が弁護士へ依頼せず養育費請求調停を申し立てる場合

養育費請求調停は、弁護士に依頼しなくても自分で家庭裁判所へ申し立てることは可能です。

ですから、子の父親である男性に少しでも誠意を感じられるのなら、弁護士さんに依頼しなくてもスムーズに調停が進む可能性はあります。

お金はかけたくない、自力でなんとかしてみせるという気持ちの方は、ご自分で調停を申し立てることも考えてみましょう。

・認知調停にかかる費用  約2500円(収入印紙+郵便切手代)
・養育費調停にかかる費用 約2,000円~4,000円くらい。(収入印紙+郵便切手代)

認知調停に関しては裁判所認知調停を、養育費調停に関しては裁判所養育費調停を参考にして下さい。

【まとめ】養育費調停は弁護士へ依頼した方がスムーズ

養育費請求調停が成立するまでにかかる平均は、半年から1年です。

弁護士へ依頼しない場合は、より長い期間が必要だということを頭にいれておくと良いでしょう。

シングルマザーは1人で育児や家事、仕事をしなければいけないのでとにかく忙しです。

ですから弁護士さんへ相談することで時間短縮にもなりますし、養育費を受け取れる可能性は一気に高くなりますよ。

とはいえ、弁護士へ依頼するのはハードルが高い方もいますよね。
そういった方はイントラストの無料で相談がおすすめです。

\今すぐ無料相談/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚のアラサーシングルマザー|ブロガー・ライター。
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや妊婦さん、子育て中のママさんたちへの情報を中心に発信しています♪

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる