【体験談】養育費調停はストレス地獄?!それでもメリットは大きい理由

・養育費請求調停をしてみたいと思っているけど…すごくストレスになりそうで申し立てられずにいる。
・それでもやっぱり子供のためにも調停は申し立てた方がいいのかしら?

と悩んでいるシングルマザーさんは多いのではないでしょうか?

結論から申し上げますと、そのように悩んでいるのでしたらすぐに養育費請求調停を申し立てましょう。

確かに養育費請求調停は、精神的にも肉体的にもストレスになる可能性は高いのですが、そのストレスを上回るメリットは大きいと感じています。

養育費請求調停を申し立てた経験があるみーこ(@mi_ko_single)がその理由をお伝えしていきます。

  • 養育費請求調停を申し立てたいけど、まだ決心が出来ないので背中を押して欲しい。
  • 養育費を貰える可能性は低いけど、調停を申し立てるメリットはある?
  • 実際に養育費請求調停を申し立てた人の話をきいてみたい。

という方は今回の記事を読み進めて下さい。

私の場合、子供が20歳になるまで養育費を支払って貰うことを調停調書で取り決め、現在では毎月養育費が支払われるようになりました!

\今すぐ無料で相談する/

目次

養育費調停はストレス地獄だと感じた理由

養育費調停がストレスだと感じた理由

私が申し立てた養育費請求調停は、想像以上のストレスの中で行われました。

その理由はこちら。

  • 相手が調停を欠席
  • 調停が延期になった
  • 調停委員がご高齢

調停の決着がつくまではストレスを感じやすく、精神的に不安定な日が多かったのですが、弁護士さんがいつも支えてくれました。

相手が調停を欠席

子の父親である人物が、第1回目の調停を欠席しました。

仕事があったようで都合をつけられなかったらしいのですが、やはり調停を欠席されると腹が立つもの。

私は育児で忙しい中、家庭裁判所へ行ったのに!
相手が来てくれなかったので、話は何も進まなくてストレスを与えられただけで終わりました。

調停を何度も欠席するのは不利になることもありますが、たった1回の欠席では私が有利になることはありませんでした。

感染症の影響により調停が延期

この問題は仕方がないことなのですが、家庭裁判所が全く機能しない時期が数ヶ月間ありました。

感染拡大防止をするために、全ての調停が流れて2~3ヶ月後に調停日程を再度決めるという事態に…。

私の場合、養育費請求調停を申し立てるまでに相当苦労した分、調停が流れたのはかなりのストレスになりました。

とはいえ、家庭裁判所にお勤めの方や弁護士さんも相当大変な思いをしたことでしょう。

家庭裁判所が機能しなくなったお陰で、生活に支障がでた人は多かったでしょうね。

調停委員が高齢

調停に挑む女性

実際に調停を申し立てて驚いたのが、調停委員さんの年齢です。

通常、調停には男女1名ずつの調停委員さんが話し合いに参加してくれるのですが、40歳から70歳と年齢が高め。

私が調停を申し立てた際は、恐らく60代だと思われる男女が担当になりました。

しかし『今の時代には合わないのではないか?』と思うような発言もちらほらあって、私の主張を理解してもらえない場面もありました。

60代の調停委員さんは、全体の70%をしめるようなので、ほとんどの方が60歳以上の調停委員さんに当たると思われます。

ちなみに、調停委員さん任命される方は、下記の条件が当てはまる方々です。

弁護士となる資格を有する者
・民事若しくは家事の紛争の解決に有用な専門的知識経験を有する者
・社会生活の上で豊富な知識経験を有する者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

弁護士資格を持っている方から、ただの知識経験を持っている方と…条件が幅広すぎますよね。

調停委員さんが高齢だと、男尊女卑の価値観があったり、こちらの主張に耳を傾けてくれないパターンも多いと感じました。

正に、下記のTwitterでのツイートのようなことが起こりえます。

調停委員さんにも自分緒主張が理解されない場合ストレスが増えます。
だからこそ弁護士さんに依頼すると心強いですよね。

養育費調停を申し立てる3つのメリット

私も実際に、養育費請求調停を申し立てるべきかは相当悩みました。

なぜなら育児をしながらの調停は大変で、ストレスが溜まることは目に見えていたからです。

とはいえ、結果的に養育費を受け取ることが出来るようになりましたし、下記のようなメリットがありました。

  • 気持ちを整理できる
  • 親としての務めを果たせる
  • 過去の養育費を請求できた

近年では、養育費の未払いに関して厳しくなっており、法律も厳しく改正されています。
相手にお金がないという状況ではない限り、調停を申し立てることで養育費を受け取れる可能性は高いでしょう。

気持ちを整理出来る

私の場合、子の父親が養育費を払ってくれないと、憎しみばかりが増えていき、いつまでも前に進めませんでした。

だからこそ、調停を申し立てた上で自分の主張や希望を伝えることはとても大事だと感じています。

調停は確かにストレスが大きいのですが、一生続くものではありません。

しかし、相手になにも伝えられないまま、我慢していると憎しみは一生続くでしょう。

自分の希望通りの結果が得られないとしても、やれるだけのことをやったのならば、気持ちに整理がつきますよ。

私も、養育費請求調停を申し立てずに最初から諦めていたら、彼のことを一生恨んでいたと思います。

親としての務めを果たせる

みなさんご存じかと思いますが、養育費は子供に与えられた権利です。

とはいえ、小さな子供の場合は自分で養育費請求調停を申し立てることも出来ません。

代わりに親である私たちが、請求しなければならない立場なのです。

私も、相手と関わることが嫌だと思ったり、ストレスになるから申し立てないことも考えました。

しかし『父親としての責任を取らせてあげられるのは私しかいない!』という考え方に変わったのです。

そして、逃げ得を許さない国になるようにという想いもこめて、養育費請求調停では最後まで戦う決意をしました。

『養育費はどうせもらえない』というイメージを覆し、受け取れていないシングルマザーに希望を与えたかったです。

過去の養育費を請求できる

養育費の時効期間は基本的に5年です。

民法169条により、定期給付債権の時効は5年と定められています。

つまり、養育費は発生するとその後5年で消滅してしまうのです。

公正証書での取り決めをしている場合、相手の給料などを強制執行(差押)することができますが、公正証書の効力としては協議書と変わりません。

一方で裁判所で法的な手続きをした上で、養育費が決定された場合は扱いが異なり、時効期間は10年と長くなるのです。

審判や裁判、起訴によって養育費が定められた場合は過去の未払い分についての消滅時効が10年になる。

公正証書と調停調書で消滅時効が変わってくるなんて、調停を申し立てるまで知りませんでした。

養育費が欲しいなら出来ることから動いてみよう:まとめ

私の経験上、養育費調停はストレス地獄でしたが、最終的には大きなメリットを得られることが出来ました。

養育費請求調停は、確かに面倒ですし、時間とお金がかかってしまうケースもあります。

とはいえ、シングルマザーとしてお子さんと2人で前を向いて生きて行くのなら、養育費が貰えるか貰えないかでその後の将来は大きく変わるでしょう。

私は、養育費を支払ってもらえるようになってから精神的にも経済的にもとにかく楽になりました。

しかし、いくらメリットがあるとわかっていても、調停を申し立てるのはハードルが高いと思う方もいらっしゃるとは思います。

そういった方は、ただ何もしないのは後悔することにも繋がるので、無料で未払い養育費の相談に乗ってくれる窓口などを利用してみてはいかがでしょうか。

\今すぐLINEで無料相談をしてみる/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

独身未婚のアラサーシングルマザー|ブロガー・ライター。
子供と2人暮らしでワンオペ育児中。
認知&養育費調停の経験あり。
シングルマザーや妊婦さん、子育て中のママさんたちへの情報を中心に発信しています♪

コメント

コメントする

目次
閉じる